日記

ここでは、「日記」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



61点。



この数字が何を意味するか…………別段、もったいぶる必要もないのですが、これは自分の家庭科の点数です。

これを見て、普通と思うか、心の中で嘲り笑うなりするかは、各々によるでしょうが。

少なくとも自分はこの点数はどうだって思いません。もはや家庭科がこんな点数なのは慣れた事です。



…………追試なんてものが付与しなければ……!!



ええ、追試です。いつかの記事に書きましたが、デストローイ!達成条件は追試を一つでもとること。見事に達成しちゃいました。

テスト返却時は点数はまぁまぁだなぁ、なんて阿呆みたいな恍惚にひたってましたよ!

ちなみに家庭科の追試条件が少々特殊で、おおまかにテスト内容が記述問題中心のモノと記号問題中心のモノと分けられるのですが、その内、記述問題が半分以上取れてないと追試です。


48点満点中の21点でしたよ…………!!


こんな問題がありました。


問.育児放棄、投棄などをする親のこと



答えは、『ネグレスト』です。わざわざこの問題を提起するってことから分かるように、自分はこの答えが分かりませんでした。

でも多少は出掛かっていたんですよ! 少なくとも「ネグ…………なんとか」くらいまでは出てました!

そして解答用紙の自分の答え。


A.ネクロファンタジア



馬鹿か。馬鹿かと。なんで大事なテストでこんなこと書くのかと。




まぁ、そんなことは置いといて、問題は親の、自分に対する処遇です。

こういうのも十分有り得るわけです。


解答用紙を持って手を振るわせる親もといデストロイヤー。スッと立ち上がったかと思うと向かう先は……PC……!

















そしてその場には、バラバラに引き裂かれたPCとアワレな自分が転がったとさ!



……なんてことにもなりかねません。しかし、今の自分はPCをすることが出来、現にブログを更新しています。それは何故か。



そもそも追試の条件が特殊です。そして点数は61点と少なくとも追試は無さそうな点ではあります。


……しれっと、解答用紙を親に見せちゃって、自分が何も言わなければバレるわけないですね。




ただ自分が現在心配していることは…………近いうちに三者面談があり、そこで担任の先生が余計なことを言わないかどうかだけです。


デ、デストローイ!なんて絶対ないよね! 絶対、絶対にないよね!




スポンサーサイト

お絵かきばっかしてるのもアレですので、偶には日記でも……w


もはや昔の話ですが、土曜日に体育祭がありました。

天気は晴天、気温は35℃を超える見事な猛暑……誰だい、こんなにも地球を熱くしたのは……

体育会系の部活は中学でやめ、今では立派なもやしっ子となった自分には辛いことこの上ないw

その上、体育祭前日はSkypeを午前6時近くまでやってて、身体的に本気で死ぬかと思いました。

どんだけ不健康生活を貫いているんだ自分……w


さて、肝心の体育祭ですが、自分は百メートル走と玉入れに出ましたが……まぁそれはいいです。重要なことじゃない。

個々の高校では毎年やる特殊な種目……いわゆる伝統的種目があるでしょうが、例に違わず自分の高校でもあります。

それは一年生による体操と二年生によるマスゲーム、三年生女子の盆踊り、三年生によるフォークダンスの四つです。

まず一年生による体操、この体操は高校が独自に考えちゃったものらしいです。……なにが酷いってそりゃあ…………


動きがものっそい変なのです。


ラジオ体操の亜種版ともいいましょうか……魔改造ともいいましょうか……とにかくアレです。

先輩曰く「上級生達を笑わすためにある」と言ってのけられるほどのモノです。

先生ですら「動きの変な体操」と明言してしまう、それはもう大層変な体操なのです。(駄洒落じゃないです)

作った人は何を考えているのか、恐らくはその人はドSで、入学したての一年生に心的ダメージを与えるために考案したのだろうか、とも考えるほどの。


ああ、でもそう考えると、自分にとっては悔しいけど(ry


そして結果としては、予想を逸らさず、先輩達には笑われました。ビクンビクン。


次、二年生のマスゲームです。これは組体操とほぼ同じだと考えてもらっていいです。

相違点としては、組体操は通常音楽が流れるのに対し、マスゲームは太鼓一つのリズムに合わせて動いていく、といったところでしょうか。

太鼓の簡素で轟く音に併せて技を決めていく様はカッコよかったです。 なんだこの格差。

一年生の体操の次がこのマスゲームとか、一年生に羞恥を与えたいのか。そんなの一部の人しか悦ばれないでしょうて。



さて、次は三年生女子による盆踊りです。盆踊りと言ってもソーラン節だったり色々と混ざってますが。

なにより見栄えするのが、わざわざこの競技のために三年生女子全員が浴衣に着替えているという事です。

それにしても浴衣いいですよね。模様とか鮮やかで見てるだけで楽しいモノです。

踊りで、腕を振った後になびく振袖とか、もう興奮モノです。浴衣やっぱいいモノです。

そんな風に応援テントで友達と悶えてました。傍から見れば変態だったかもしれません、たぶん恐らくきっと。


最後に三年生によるフォークダンスです。説明は不要ですね。見てるだけで妬ましい。

テントの中でパルパルしてました、リア充は頭皮爆発して禿げるべきです。






そんな訳で体育祭が終わりました。暑かったですか楽しかったと言えば楽しかったのでよかったですw

追記より浴衣に興奮したまま描いた絵を載せます。しかし画力が足りないです…… orz


[公衆の前でいともたやすく行われるえげつない羞恥プレイ。]の続きを読む
久方振りの更新にもほどがあるだろうと、自分に小一時間(ry



高校始まってしまいました。もう土曜日、学校始まったのが月曜なのに早いものです。

学校から帰ったら即コロンと寝ちゃうこともしばしば、実に疲れます高校w

さて、前の記事では宿題が驚きの白さ! 状態だったわけなんですが、やっぱりと言いましょうか日曜から月曜にかけては正に地獄でした。


日曜

18:00 起床  この時点で生活習慣がぶっ壊れてます。

~7:00 宿題  

7:30 学校へ



素晴らしくシンプルですね、ベストなどではなくワーストとも言っていいシンプルですが。

ちなみに食事風呂の時間は除外すると約半日、そして宿題は…………終わりませんでした\(^o^)/

いえその後、放課後二時間を使ってギリギリ出来たのですがw  ……留年怖いです。

さらにその日、夏休み明けテストがあった訳で…………徹夜明けいきなりテストは辛すぎます。

テストは英語と数学(ⅠとA一纏まり)と国語(古典現代文一纏まり)でした。

現在数学以外は返却されたので、特に言えることはないのですが……とりあえず一言。


夏休みの宿題は終盤纏めてやるもんじゃないです。死にます。身体的に。



追記にて、テストの答えが粗方書き終わった後のお絵かきタイムの時の自分の様子です。



[例年通りの夏休み明け。]の続きを読む








語らずとも伝わるこの修羅場。もう月曜日には学校ですよ、学校……w

ちなみに現状残ってる宿題を羅列していきます。


数学 プリント19枚 問題集数ページ

国語 古典の本文と訳書き込みが4つ程。百人一首の歌30首、漢文少々。

英語 問題集30ページくらい

社会 税に関する作文、400字詰め原稿3枚分

家庭科 料理 環境のプリント


数学のプリントと英語の問題集が現状では一番の難敵です。というか後二日で終わるのかなコレ……w

終わらなければ留年の階段へ一直線な訳で、流石にPC三昧と耽ってるわけにはいきません(今はのぞいて)

なんで毎年毎年こうなるかな……w  どう考えても危機的状況にならないと行動を始めない阿呆な自分の所為なのですが。

絵が描きたいけど描けない、酷いジレンマ。


願わくば時間を止めてほしいです、だから咲夜さんこっちにきて二人で勉強しましょう。


絶対土曜日までに終わらせて日曜日遊びまくってやります…………



以上、高校生とは到底思えない日記でした!w



夏休みももう終盤が近い頃……かな? 個人的にはそう思います。早いなぁ……w


PC三昧、生活リズムは完全に逆転。サマーヴァケーション素晴らしいですね、はい。

それはいいとして、いいかげん宿題を済ませないと、留年の階段一直線なので最近宿題をやり始めました。


今日は今から読書感想文をやる(予定)です。

400字のA4原稿用紙5枚にびっちり書けという指令です。さて、どんな本にしようか迷うところですね。

マンガは当然の如く禁止されているので、東方三月精、儚月抄コミック版は無理ということになります。

ならば儚月抄の小説版なら…………と、考えるところですが、相手に内容が端的に伝わるように書けと言われているので、

世界観とキャラへの愛を綴るだけで、原稿用紙5枚など余裕で吹っ飛んでしまうので無理ですね……

年を越し、春をも越した香霖堂は未だ日の目を見てないですしねぇ。


ここに東方分を潜り込ませることは無理なのか……と考えるところですが、目の前に東方成分が入っている本がありました。


・竹取物語
・そして誰もいなくなった(A・クリスティ)
・河童(芥川龍之介)


この三択です。さて、どれを選びましょうか。


まず一番上の竹取物語。言わずもがな永夜抄の元ネタですね。

自分が持っている本では古文で書かれた上に、現代語訳されているので、難しいということはないのですが、大抵の人が内容を知っているので…………うん。

面白いのは間違いなく面白いのですが、問題点としては原稿用紙5枚を埋めるほどの文章が思いつかないといったところでしょうか。


次のそして誰もいなくなった。フランのテーマ曲とスペカの元ネタに使われていますね。

内容は推理……いやミステリーなのかな? そんな感じですw

深層心理だったりの描写などなど、面白い部分はたくさんあるのですが…………感想文……

表現力皆無の自分だと、「~~が面白かったです」の羅列になりそうなので難しいところです。


そして残ったのは河童、にとりのテーマ曲に使われてますね。

ファンタジーかと思えば、あまりにリアルすぎる社会風刺だったりがある内容となっております。

問題点は如何せん自分にとっては文章が難しすぎるところでしょうか……

辞書ひかないと分からない言葉が多々あるってのは厳しいものです。




総評

俺 = ⑨




結局文章量が比較的少ない、河童にしましたとさ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。